ブログ運営による「固定ファン獲得」の成果を数値化する3つの指標

公開日: : ブログ運営術・SEO, 活動報告       

  

会社員A@クリーニングスです。

皆様ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしょうか?私はお菓子の食べすぎで腹を壊しました。

そんなこんなで今年もあっという間に5月です。これで1年の3分の1が終わってしまったわけですが、果たして自分達がこの4ヶ月の間に何かを成し遂げられたのか、まったく実感がありません。

そこで今日は、主にブログ運営の観点でこの4ヶ月の我々の活動成果を簡単に振り返らせてください。

今年からブログを毎日更新し始めた

2016年の始めから、このブログを毎日更新し始めました。きっかけは昨年末からの大幅なアクセス低下と、本業の方で少し精神的に余裕ができてきたためです。

3年前に活動を開始した頃はほぼ毎日更新していたのですが、私の本業の方が忙しくなってきたり、あまり更新しなくても意外とアクセスが落ちなかったことから、ぶっちゃけサボってしまっていました。その結果がこのザマですw

関連記事:Google先生のお仕置きによってブログのアクセスがいつの間にか激減していた話と、その対策について

なお上記の記事では「お仕置き」という表現をしていますが、正確には「アルゴリズムの変更によってサーチエンジンの評価が下がった」という意味であり、手動ペナルティを受けたわけではありません。

ブログ更新の労力に対する成果は?

今年に入ってから更新した記事は、4月30日までで124本。ちなみに2015年で更新した記事は全部で87本ですので、とっくに昨年の労力を超えております。記事を1本書くのに平均2時間だとすると、実に約250時間を使っており、仮に人件費の時間単価を2500円だとすると、想定コストは625,000円となります。

この膨大な時間とコストの「成果」を何と定義するかも難しいところなのですが、別にブロガーを目指しているわけではありませんので、アクセス数はあくまでも参考値と考えてます。(それでも最低10万ページビューくらいは目指したいのですが)

よって「成果」とするのは、どれだけ名前を売ることができたか、どれだけ固定ファンを獲得できたか、どれだけメディアに紹介してもらえたか、といったところになると思うのですが、このうち「固定ファン」についてはあくまでもツールで数値化できる範囲での話になりますが、簡単に確認が可能ですので紹介しておきます。

Twitterのフォロワー数

Twitterのフォロワー数については、Twitterの公式クライアントの標準機能としてアナリティクスが搭載されておりますので、そこの「オーディエンスインサイト」という機能で詳しいデータを見ることができます。

たとえばフォロワー数の時系列推移ですと、以下のような形です。

twitter-160501

残念ながら直近3ヶ月のデータしか確認できないのですが(私が知らないだけかも)、おかげ様で順調にフォロワーは増加しております。だいたい1ヶ月あたりで50名というところで、ブログのアクセスはまったく増えていないのですが、このフォロワー数の増加だけでも大変モチベーションが上がります。

Facebookページのファン数

こちらについては微増というところで、年明けから10名の増加となっております。ありがとうございます。ぼちぼちページのバナーに書かれている数字も更新しないといけないですね。ていうかネタ的にはもう風化してる気もしますがw

facebook-160501

Twitterと違ってFacebookは実名なので、かなりハードルが高いのではないかと思っています。特に我々のようなキワモノのアプリを作っているデベロッパーですと、ヘタに「いいね!」をしてしまうと、リアルの知り合いの方に人格を疑われかねない危険性をはらんでいるわけでして、それでも日々「いいね!」で応援してくださっている方には頭が上がりません。可能であればお中元を贈りたいくらいの気持ちです。

ダイレクトでのサイトアクセス数

次はGoogleアナリティクスの「参照元」から確認できる「(direct) / (none)」という数字の推移です。これはつまり、検索やSNSからのアクセスではなく、ブックマークからのアクセスや、ブラウザに直接URLを入力することによるアクセスを意味しています。実際にはそれ以外の不明なデータも含まれているようですが、「定期的に訪問してくださっている方」が多く含まれている、参考値と考えられます。

google-analytics-160501-2

こちらについては残念ながら、明確に見える形での成長はありませんでした。もしかすると今はSNSなどからのアクセスが多く、あまりこのような方法で訪問される方は少ないのかもしれませんが、今のところそのへんを詳しく調査する方法もわからないので、そう判断せざるを得ません。

数値化できない成果をどう判断するか?

今回はひとまず簡単に数値化できる「固定ファンの獲得」に関するデータのみ、3つご紹介させていただきました。

あとは「どれだけ名前が売れたか」や「どれだけメディアに紹介されたか」というところになりますが、こちらについてはもう少し考えを整理した上で、改めて振り返りをさせていただきたいと思います。

では、本日はこのへんで。

  

<<テレビでも紹介された最新作『エクストリーム断髪式』絶賛公開中!>>



<<記事をシェアして頂けると泣いて喜びます>>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

NikkeiMJ-FDS

日経流通新聞(日経MJ)さんにクリーニングスの作品『FINAL DEAD SUMO』が掲載されました

会社員A@クリーニングスです。 2016年7月13日付けの日経流通新聞(日経MJ)で、我々の作品『FINAL DEAD SU

記事を読む

oyajicounter1

無料Androidアプリ「オヤジカウンタ」リリース!

どうもみなさんこんばんは 連日の徹夜でナチュラルハイな会社員βです。今日は自分へのご褒美として一人カラオケ行ってきます。

記事を読む

icon_512

新作アプリ「お相撲さんとペリカン」Android版をリリースしました!

どーも会社員βでございます。 お盆が終わり、この世が終わったような感覚ですが新作アプリのリリース報告をさせて頂きます。先日の

記事を読む

kuyoukaippt

クソゲー供養会2016で『FINAL DEAD SUMO』の話をします

会社員A@クリーニングスです。 先日少し書きましたが、結局「クソゲー供養会2016」に登壇者として出させて頂くことになりまし

記事を読む

バイキンマン

警察が来そうなお粥を作ってしまった件

病み上がりの会社員βです。 つい先日、ウイルス性胃腸炎とやらにかかってしまいダウンしていました。 人生で2回かかっ

記事を読む

  • cleanings3_old2

    主にスマホ向けのバカゲーアプリを開発しているユニット「クリーニングス」のサイトです。アプリ開発やアプリで稼いだお金の話、この活動で学んだこと、気付いたことなんかを書いてます。たまにどうでもいい話も書きます。

    詳しい紹介はこちら


  • 記事を更新したらツイートします!

  • follow us in feedly
  • Sorry. No data so far.

      
    • cleanings3_old2

      主にスマホ向けのバカゲーアプリを開発しているユニット「クリーニングス」のサイトです。アプリ開発やアプリで稼いだお金の話、この活動で学んだこと、気付いたことなんかを書いてます。たまにどうでもいい話も書きます。

      詳しい紹介はこちら


    • 記事を更新したらツイートします!

    • follow us in feedly
PAGE TOP ↑