App Annieの最新市場レポートから考察したアプリ業界の展望(2016年第1四半期)

公開日: : 最終更新日:2016/04/23 アプリ開発, ニュースキュレーション       

  

会社員A@クリーニングスです。

先日App Annieさんがリリースされた『2016年第1四半期 アプリ市場動向レポート』で、気になったトピックスに対する私の考察などのメモを共有させて頂きます。

レポート自体はApp Annieさんの著作物ですので、グラフや具体的なデータの転載などは控え、あくまでも考察のみに留めます。全てを読みたい方は以下からダウンロードしてください。

↓レポートのダウンロードはこちらから
http://jp.blog.appannie.com/app-annie-index-market-q1-2016/

AppAnnie

気になったトピックスと考察

中国がiOSの収益で日本を追い抜く

日本、アメリカなどの成熟国以外ではiPhoneは高級品と言われており、この結果は中国でもそれだけ富裕層が増えてきているということを意味している。

ただ、そもそも中国は人口が多いので、それだけアプリのユーザーも多い。日本の10倍くらい人口があるのにもかかわらず、ほぼ同等レベルの収益ということは、まだまだ人口あたりの収益性は良くない。

今でも都市部以外では貧困層が多いと思われ、これから中間層が増えてきたら更に収益で差を付けられる可能性は高い。トップのアメリカを超えるのも時間の問題だろう。

動画などサブスクリプション系のアプリ収益が増加

元々はWebで提供されていたようなサービスがどんどんアプリにシフトしているだけで、恐らくWebとアプリのトータルでの収益は大きく変わっていないと推測する。

動画や音楽などのエンタメに限らず、定額課金のモデルは今後増えていくだろう。顕著なのがファッションレンタル系のサービス。特に日本では元々ガラケーアプリでの月額課金に慣れているため、サブスクリプション購入への心理的な障壁も低い。

定額課金の最大の長所は、個別の商品の値段を気にしなくて良いので楽だというところ。商品によってはユーザーが損をしている場合もあれば、逆に得をしている場合もあるはずだが、毎回の取引の損益が曖昧になっているため、トータルでの「お得感」というユーザー体験だけがイメージとして残りやすい。

ただ、繰り返しになるがこのジャンルについては、アプリのトレンドとは別で考えた方がよさそうだ。

全世界のダウンロード数はGooglePlayがAppStoreの倍|逆に収益はAppStoreがGooglePlayの倍

これは単純計算で考えると、AndroidはiOSの1/4の収益性しか無いということになる。

ただしiOSはAppleIDでの独占的な課金が中心であるのに対し、Androidはサードパーティーの野良ストア、勝手ストアなども存在するため、全貌がわからない。また、中国においてはGooglePlayの正確なデータが取得できていない。

以前、我々の作品においても「ダウンロード数は変わらないのに収益が伸びる」という奇妙な現象があった。そのへんの実態が見えるようになってくれば(ほぼ不可能に近いが)この傾向のデータも大きく変わってくるだろう。

関連記事:『Final Dead Sumo』の海外での広告収入急増に関する結果報告

またAndroidのシェアが高い新興国においてはクレジットカード普及率も低く、課金手段を持たない人も多い。今後インフラが整ってくれば、ダウンロード数で圧倒するAndroidで大きく収益が伸びてくる可能性は高い。

インド、東南アジア、中南米でGooglePlayのシェアが増加|中国、インド、東南アジアでAppStoreのシェアが増加

これは経済発展の流れがそのままアプリストアのシェアに転写されていると思われる。

つまりiOSのシェアが伸びている地域は、徐々に新興国を脱しつつあり、Androidのシェアが伸びている地域は未だ発展途上にあるということ。そのうち中国の経済成長が鈍化してくると、次はインドでiOSのシェアが爆増するのだろう。

一方で目立った傾向の見られない中東やアフリカは、まだまだこれからスマホビジネスが伸びていくはず。

地域別のダウンロード数、収益、人気アプリのカテゴリー等のトレンド

iOSのシェアはほとんど米、中、日の3国に集中しており、他の地域は圧倒的にAndroidが強い。同じくiOSの収益も米、中、日だけで大半を占めている。こちらについても世界の経済状況がそのまま投影されているように見える。

カテゴリー別では、Androidはツールや通信系のダウンロードが多いのに対し、iOSでは写真/ビデオとエンタメ系のダウンロードが多い。新興国では実用的なアプリを求め、富裕層が多い成熟国では娯楽を求める傾向にあるように見える。

また、新興国では非ゲーム系アプリのウェイトが大きいが、これは回線の細さも関係していると思われる。ツール系はそこまで容量を必要としないが、最近のコアなゲームでは大容量のものが多い。場合によっては日本のLTE環境でもダウンロードに長時間を要することがある。

関連記事:最初のデータダウンロードを待ちきれずに即アンインストールしてしまったアプリに見られる3つの共通点

恐らくもっとインフラが成熟すれば、新興国でもゲーム系のアプリの収益が増えてくるだろう。一方で現状では細い回線でも楽しめるようなカジュアルゲームで、まだまだ商機は残っていると思われる。

総括

考察のメモとしては以上です。

スマホOSのシェアや売り上げの推移、地域別の人気アプリなどを見ていると、世界の経済発展や文化の伝播の流れとリンクしていて非常に面白いです。

現在、日本やアメリカなどの成熟国においては、カジュアルゲームからコアなゲームへのシフトが進んでいるようですが、これもファミコンからスーパーファミコン、プレイステーションへの進化の流れを再現していると考えると当たり前のことかもしれません。

テクノロジーの普及は、まずはシンプルなものから始まり、ユーザーの成熟に伴って少しずつ複雑なものに移行していくという形を取ることが多いです。日本の携帯電話が、単純な通話デバイスから、ゲーム、カメラ、おサイフなどが追加されてガラパゴス化していったのが良い例です。

一般的に、成熟国での経済成長やトレンドが、そのまま途上国でも再現される可能性は高く、そのタイミングの潮目を読んだ上で、現地の文化や嗜好に合わせたアプリを作っていくことができれば、まだまだスマホアプリでのビジネスチャンスは眠っています。

また、アメリカや日本では娯楽やコミュニケーション系のアプリが収益の上位を占めていることからもわかるように、ある程度経済が成長してくると、人間は文化的、精神的な欲求を満たす傾向が強くなってきます。こちらについても同様に新興国で再現されると思われ、「ゲーム」という市場が衰退することは当分無いでしょう。

今回のレポートはこのような展望を示唆する内容が多く含まれており、今後の方向性を考えるにあたって非常に勉強になりました。今後も引き続きウォッチしていきたいと思います。

  

<<テレビでも紹介された最新作『エクストリーム断髪式』絶賛公開中!>>



<<記事をシェアして頂けると泣いて喜びます>>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

Bandung12

バザール・エンタテインメントさんの本社訪問で感じた東南アジアのエネルギーと「萌え」の力

会社員A@クリーニングスです。 今回の東京出張では、新興国向けのアプリ配信プラットフォーム『Tokyo Game Netwo

記事を読む

bazaar01

新興国20億人のユーザーにスマホゲームを届けるという壮大な夢を企んでいる「バザール・エンタテインメント」をご存知でしょうか?

会社員A@クリーニングスです。 突然ですが、「株式会社バザール・エンタテインメント」をご存知でしょうか? アプリ開発者

記事を読む

bazaar01

バザール・エンタテインメントさんのアプリ配信プラットフォームに参加します

会社員A@クリーニングスです。 先日ブログでご紹介させていただいた、新興国向けアプリプラットフォーム『Tokyo Game

記事を読む

20130912

【Android】カメラアプリの開発はBitmapBitmapBitmap…

どうもこんばんは。 会社員Aの海外出張に激しく動揺中の会社員βです。 今日はがっつり開発記事になります。笑いも感動もエロス

記事を読む

unityroomさんより借用

レアなインディーズゲームに出会えるかも!?ゲーム専用投稿サイト『unityroom』のご紹介

会社員A@クリーニングスです。 本日はゲーム専用投稿サイト『unityroom』をご紹介させて頂きます。 →ゲーム投稿

記事を読む

  • cleanings3_old2

    主にスマホ向けのバカゲーアプリを開発しているユニット「クリーニングス」のサイトです。アプリ開発やアプリで稼いだお金の話、この活動で学んだこと、気付いたことなんかを書いてます。たまにどうでもいい話も書きます。

    詳しい紹介はこちら


  • 記事を更新したらツイートします!

  • follow us in feedly
  • Sorry. No data so far.

      
    • cleanings3_old2

      主にスマホ向けのバカゲーアプリを開発しているユニット「クリーニングス」のサイトです。アプリ開発やアプリで稼いだお金の話、この活動で学んだこと、気付いたことなんかを書いてます。たまにどうでもいい話も書きます。

      詳しい紹介はこちら


    • 記事を更新したらツイートします!

    • follow us in feedly
PAGE TOP ↑