GooglePlayストアにおけるパクリアプリ、便乗アプリの惨状を少しだけ晒してみる

公開日: : 最終更新日:2016/06/16 アプリ開発, ニュースキュレーション       

  

会社員A@クリーニングスです。

なんとあの『スーパーマリオブラザーズ』を露骨にパクったアプリがGooglePlayストアに公開されているということで、ニュース記事にもなっておりました。BGMもそのまま流用されており、もはや確信犯と思われます。

参考リンク:Google Playに「スーパーマリオブラザーズ」なるド直球のパクリアプリが登場して物議

アプリの公開に厳密な審査がいらない手軽さがGooglePlayストアの魅力でもあるのですが、さすがにここまで来るともうちょっと仕事しろって感じですね。なお日頃からランキングをチェックしているとこういうパクリアプリは頻繁に目にするのですが、せっかくの機会ですので現在のストアがどういう状況になっているのか、少し晒しておきます。

現在のGooglePlayストアの惨状

まずは今回の事例である「スーパーマリオ」の単語でストア検索をしてみるとこんな感じ。やはり今回のケースは飛びぬけているのですが、それでも既にやりたい放題の状況であることがよくわかりますね。

Screenshot_2016-06-15-21-23-16

Screenshot_2016-06-15-21-23-23

では似たようなところでポケモンならどんな状況になるでしょうか?こちらは「ポケットモンスター」で検索してみたのですがマリオほどはひどくない印象。次のページにスクロールすると早い段階でパクリ系の姿は見えなくなりました。ポケモンはゲームジャンル的にRPGということもあり、手軽にパクれないのかもしれません。

Screenshot_2016-06-15-21-24-22

ではまた似たようなところで「妖怪ウォッチ」で検索してみました。こちらもトップに公式が来るものの、わりとパクリや便乗系はひどい状況です。今はポケモンよりこっちの方が儲かるのでしょうかね。

Screenshot_2016-06-15-21-24-57

Screenshot_2016-06-15-21-25-05

では今度は任天堂つながりということで、ゼルダの伝説はどうかと思って「ゼルダの」で検索してみました。こちらはそこまで荒れていない感じですが、タイトルやグラフィック的には微妙なやつがありますね。

Screenshot_2016-06-15-21-25-33

アニメとかお笑い系の便乗アプリ

では今度はゲームから少し離れてみまして、ドラゴンボールならどうかと思い「Dragonball」で検索してみたところ以下のような惨状でございます。作品そのものがワールドワイドということもあると思いますが、やはりシンプルなアクションゲームにしやすい世界観の作品の方がネタにされやすいのでしょうか?

Screenshot_2016-06-15-21-26-32

Screenshot_2016-06-15-21-26-39

では同じアニメ系ということで、かつて日本中にブームを巻き起こしたアナと雪の女王も見てみましょう。こちらも海外の方がひどそうなので、原題である「Frozen」で検索してみました。だいぶえげつない事になってますが、完全にキャラをそれっぽくしただけのいわゆる「ガワ替え」が目立ちます。元々ゲーム化の事例が少ない作品はこういうパターンになるのかもしれません。

Screenshot_2016-06-15-21-27-10

Screenshot_2016-06-15-21-27-17

では最後に、こちらも少し懐かしの流行ネタですが、「ラッスンゴレライ」で検索するとこんな状況でした。彼らは主に中高生に人気がある芸人だったので、カジュアルアプリのメインユーザー層とも相性が良かったのでしょうね。ネタ的にもアプリにしやすそうでしたし。

Screenshot_2016-06-15-21-27-36

Screenshot_2016-06-15-21-27-49

そんなわけで、本日はGooglePlayストアにおけるパクリアプリ、便乗アプリの惨状についてお伝えしました。

我々としては自らが面白い作品を作ることが第一であり、人様のことをとやかく言うつもりはありませんが、やはり著作権を侵害する行為はよろしくないと思うので、Googleさんには適切な対応をお願いしたいところです。そしてそういう行為に手を染めている人は、財布を落とすとかバナナの皮で滑るとかそれなりに痛い目にはあって欲しいと思うのが正直な感想ですw

  

<<テレビでも紹介された最新作『エクストリーム断髪式』絶賛公開中!>>



<<記事をシェアして頂けると泣いて喜びます>>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

-shared-img-thumb-C754_mixer_TP_V

何かを手に入れたいと思うなら、何かを捨てなければいけないという話

会社員A@クリーニングスです。 突然ですが、私は昔、音楽をやっていました。 特にプロになろうとかそこまでの強い気持ちは

記事を読む

Bandung12

バザール・エンタテインメントさんの本社訪問で感じた東南アジアのエネルギーと「萌え」の力

会社員A@クリーニングスです。 今回の東京出張では、新興国向けのアプリ配信プラットフォーム『Tokyo Game Netwo

記事を読む

20150512

お相撲さんはヌードか否か。

こんばんは。 会社員βです。 Appleのレーティングチェック項目に下記のような項目がある。 「性的内容およびヌード」

記事を読む

unityroomさんより借用

レアなインディーズゲームに出会えるかも!?ゲーム専用投稿サイト『unityroom』のご紹介

会社員A@クリーニングスです。 本日はゲーム専用投稿サイト『unityroom』をご紹介させて頂きます。 →ゲーム投稿

記事を読む

-shared-img-thumb-BIS151026473494_TP_V

「破壊的イノベーションの理論」について、ゲーム業界を例にざっくり説明してみようと思います

会社員A@クリーニングスです。 前回、Uberの事例を引き合いに出して、「破壊的」なスタートアップについて私が思うところを少

記事を読む

  • cleanings3_old2

    主にスマホ向けのバカゲーアプリを開発しているユニット「クリーニングス」のサイトです。アプリ開発やアプリで稼いだお金の話、この活動で学んだこと、気付いたことなんかを書いてます。たまにどうでもいい話も書きます。

    詳しい紹介はこちら


  • 記事を更新したらツイートします!

  • follow us in feedly
  • Sorry. No data so far.

      
    • cleanings3_old2

      主にスマホ向けのバカゲーアプリを開発しているユニット「クリーニングス」のサイトです。アプリ開発やアプリで稼いだお金の話、この活動で学んだこと、気付いたことなんかを書いてます。たまにどうでもいい話も書きます。

      詳しい紹介はこちら


    • 記事を更新したらツイートします!

    • follow us in feedly
PAGE TOP ↑