Miitomoを始めてみたけど自分のアバターに反省させられた話

公開日: : アプリ, 個人的なつぶやき       

  

会社員A@クリーニングスです。

2日前ほどからNintendo初のスマホアプリ『Miitomo』を始めてみました。やっぱりあのNintendoがスマホゲームに進出するということで、これはチェックしておかないと!と思ったのですが・・・・。

miitomo01

基本的なあそびかた

まずはWiiなどでもおなじみのアバター、「Mii」を作ります。ここは普通のキャラメイキングなので特筆すべきところはないと思ったのですが、声のトーンとかイントネーションまでカスタマイズできるところは面白いですね。

miitomo02

完成した私のアバターはこんな感じ。自分的にはかなり似ているのですが、まぁこれで身元バレすることはないでしょうw

miitomo03

で、作成終了すると、アバターが話しかけてきます。

miitomo04

質問してくるので、選択式ではなく、自由記述式で答えます。このへんは「どこでもいっしょ」を思い出しますね。

miitomo05

これで回答していくと、どんどんデータが溜まっていって、自分の分身に近づいていくという感じです。ただ、単に回答を蓄積していくだけでは少し物足りないような気もしますね。

フレンドを作らないと何も面白くないので・・・

とりあえず、今までに実際にお会いしたことのあるアプリ開発者さん、何名かにフレンド申請させていただきました。ご承認ありがとうございました。で、紹介のために少しだけ某有名アプリの中の人のアバター画像をお借りします。

miitomo06-2

フレンドのアバターに話しかけると、ご本人によって事前に回答された内容が聞きだせます。かなりデリケートな話を聞いてしまったようなので、一部画像処理をほどこしております。

miitomo07-3

ここでは、上の画像の右下にある「キャンディ」のアイコンにご注目ください。

実はフレンドにまとめて話を聞ける回数には制限がありまして、それ以上に聞きたい場合は、このキャンディを消費して質問する仕組みになっています。どうやらミニゲームなどでゲットできるようですが、私はやっておりません。

確かに質問100個くらいだったら、すぐに全部聞けてしまいそうなので、それでは面白くありませんね。毎日少しずつコミュニケーションして相手の話を聞けるというところがミソなのかもしれません。

ちなみにフレンドの登録方法は、Twitterでの相互フォロワーとFacebookの友達、あとはリアルの対面という3パターンのみです。これはSNSやっていない社会人とかだと、ちょっとキツいかもしれませんね。まぁ対象年齢が低めのアプリだと思うので仕方ありませんが。(でもその割には質問内容が大人向けだったりするので、そこは年齢で判定してるとか?)

「フレンドとの交流」がアプリのコア要素

基本的な遊び方としてはそんなところです。あとはアバターものに必須の着せ替えなんかもあります。いずれは部屋のデザインなんかもカスタマイズできるようになるかもしれません。このへんが典型的な課金ポイントになりますね。あとはさっきのキャンディで課金とか。

このように、アバターを少しずつ自分と似せていって、自分の代わりに友達のアバターと交流させることによって、友達の知らない一面を知ったり、話のネタを得たりするというところが、このアプリの面白さのコア要素になっているわけですね。以下の画像のようにフレンドが部屋に遊びに来たりするのも面白いです。

miitomo08

総合的には、「どこでもいっしょ」とか「トモダチコレクション」とか「アメーバピグ」とか、そのへんのコミュニケーション系ゲームをミックスしたような感じで、アバターの交流によってリアルの人間関係を拡張できるというあたりが非常に面白いと感じました。

なんか全体的に動きがもっさりしてるのと、今後への期待

ただ、他のサイトでもいろいろ書かれてるのですが、とにかくアプリが重い!

ちょっとした選択とか画面遷移でいちいちロードが発生して、全体的に動きがもっさりしてます。アプリを省エネモードにしてても同じ。画面読み込み中にちょっと負荷をかけると、アプリが落ちたり通信エラーコードが出たりすることもしばしば。

いきなり100万ダウンロード超えということだったので、運営の予想以上に負荷がかかっていたりするのかもしれませんが、このあたりは遊んでてストレスを感じました。

それ以外は特に大きな不満はなく、使い勝手などのユーザビリティーは可もなく不可もなくというところです。アプリの面白さとしてはまだリリースしたばかりなので今後に期待ですが、何か他のNintendoの作品とコラボすると面白いことができるかもしれませんね。

あとはさっきも書いたように、単に回答を蓄積していくだけでは面白くないので、データをディープラーニングで解析して「いかにもその人が言いそうなこと」を再現してくれるとか、それでIBMの「Watson」とかMicrosoftの「りんな」みたいな感じで普通に人との会話が成り立つくらいのレベルになれば、かなり面白いことになるんじゃないかと思います。

個人的にキツかったこと

ここからは愚痴みたいなものですが、アバターからの質問が私にはけっこうキツかったです。いや、質問の内容は全然いいんですよ。確かに少々ざっくりしすぎてる質問もあったりするのですが特に問題はなくて、問題があったのは私の私生活でした。

基本的に、最近は仕事以外の時間はほぼクリーニングスの活動に没頭してるので、日常的な生活感のある質問になかなか答えられないのです。

次回作のアプリ、ブログ、交流イベント、その他いくつかのコラボ案件など、頭がほぼ活動のことで埋め尽くされていまして、その代わりにいろんなことを犠牲にして、日常生活をないがしろにしているということを、憎たらしい顔のアバターから嫌というほど実感させられました。

なのでアバターからの質問の大半に詰まってしまいまして、必死で答えをひねり出したのですが、だいぶ頭が固くなっているためほとんどがガチすぎる内容か、逆にふざけた内容かのどっちかの回答になってると思いますw

これはこれで集中できているということで理想的な状態なのかもしれませんが、ものすごく人間としてアウトだったり、視野が狭くなっていたりする気もするので、これは少し反省しなければと自分のアバターによって気付かされたのでした。

あ、『Miitomo』自体はもうしばらく続けるかと思いますので、いつでもフレンド申請お待ちしておりますw

では本日はこのへんで。

  

<<テレビでも紹介された最新作『エクストリーム断髪式』絶賛公開中!>>



<<記事をシェアして頂けると泣いて喜びます>>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

miitomo01

もし『Miitomo』にこんな機能が追加されたら私は間違いなくヘビーユーザーになる

会社員A@クリーニングスです。 任天堂初のスマホアプリ『Miitomo』が伸び悩んでいるそうですね。 参考リンク:任天

記事を読む

Screenshot_2014-03-17-20-07-41

ソシャゲを全くやらない私が「魔法使いと黒猫のウィズ」にハマった5つの理由

会社員A@クリーニングスです。 先日から、売れてるアプリの研究を狂ったように続けているのですが、普段は全くソーシャルゲームを

記事を読む

1987TMNT_01

ちっちゃな頃から悪ガキで 15でグラディエーターと呼ばれたよ

「新しい朝が来た。希望の朝だ。」 社会人からしたらこれほどヘドの出る言葉はありません。 あっ皆さんこんばんわ。会社員βです。

記事を読む

0618_3

大相撲 -23XX-開発時に見た夢

どうも皆さん。 会社員βでございます。 今日は大相撲-23XX-の開発秘話やUnity技術記事を書こうと思いましたが、思っ

記事を読む

xperiaZ5-kowareta

購入して1ヶ月のXperiaZ5が画面に何も表示されなくなる故障でお亡くなりになった件

会社員A@クリーニングスです。 まことに残念なお知らせなんですが、1ヶ月ほど前に機種変更したばかりのXperia Z5が見事

記事を読む

  • cleanings3_old2

    主にスマホ向けのバカゲーアプリを開発しているユニット「クリーニングス」のサイトです。アプリ開発やアプリで稼いだお金の話、この活動で学んだこと、気付いたことなんかを書いてます。たまにどうでもいい話も書きます。

    詳しい紹介はこちら


  • 記事を更新したらツイートします!

  • follow us in feedly
  • Sorry. No data so far.

      
    • cleanings3_old2

      主にスマホ向けのバカゲーアプリを開発しているユニット「クリーニングス」のサイトです。アプリ開発やアプリで稼いだお金の話、この活動で学んだこと、気付いたことなんかを書いてます。たまにどうでもいい話も書きます。

      詳しい紹介はこちら


    • 記事を更新したらツイートします!

    • follow us in feedly
PAGE TOP ↑