パパ活は犯罪になるの?法律的に違法になる場合とならない場合を徹底解説|パパ活LIFE
初心者の方向け基礎知識

パパ活は犯罪になるの?法律的に違法になる場合とならない場合を徹底解説

パパ活は犯罪になるの?
パパ活女子あいり
パパ活女子あいり
パパ活をする上で気になることのひとつに「法律的に犯罪になるの?」があると思います。

パパ活自体は違法ではありませんが、実は活動によっては違法になるパターンもあります。

あいりは実は法学部出身なので、法律的なことについて六法全書や教科書を取り出して調べてみました!

パパ活女子あいりのプロフィール

都内でOLをしながらパパ活をしているアラサー女子です。

将来は独立を目指してパパ活でいただいたお金で貯金をがんばっています!

太パパを見つけて今ではパパ活だけで最高月収は60万円を超えることも。

仕事にパパ活に忙しい毎日ですが、美味しいものを食べて欲しいものを買って、時には贅沢な旅行に行ったり…パパ活LIFEを満喫中です!

※18歳未満のパパ活は法律違反で相手が処罰の対象になる場合があります。(児童買春・淫行)
パパ活は18歳になってからにしましょう!

パパ活は犯罪ではない

パパ活は犯罪ではない
まずはパパ活と売春の違いを明確にしておきましょう!

パパ活自体が違法なわけではありません。

そもそもパパ活は肉体関係無しが基本

まずパパ活は夢を持っている女性を、経済的に裕福な男性が支援してあげるという意味。

あしながおじさんって童話がありますよね?
貧しい施設育ちの女の子が、あしながおじさんのおかげで素敵なレディに成長する話です。

パパ活ってまさにこの童話と同じ。
あくまでも体の関係は持たずに、男性が女性を支援してあげるのがパパ活です。

男性とデートしてお小遣いを貰うことを取り締まる法律はありません。

パパ活女子あいり
パパ活女子あいり
エッチしていないのだから、売春や援助交際にはならないですよね?

だからパパ活はそもそも違法じゃありません。

身体の関係があるパパ活でも違法ではない

身体の関係があるパパ活でも違法ではない
ここではパパ活が関係しそうな法律と、パパ活が違法ではない理由をご説明します。

売春防止法第2条では「相手が不特定多数の場合」のみを売春としている

あいりも偉そうに言っていますが、大人の関係ありのパパ活をしたことはあります。

大人の関係ありのパパ活って売春と同じじゃないの?と思いますよね。

でもこれも、売春に当てはまるかっていうと微妙なところ。

売春防止法という法律では、売春の定義はこのように定められています。

この法律で「売春」とは、対償を受け、又は受ける約束で、不特定の相手方と性交することをいう。

不特定の相手とエッチしているかどうか、が売春かどうかの基準。

パパが10人いて、大人の関係を持ってるのが特定の1人だけなら売春じゃないことになります。

パパ活は大人同士の「自由恋愛」という解釈

パパ活女子あいり
パパ活女子あいり
大人の関係ありのパパ活は法律的には「自由恋愛」という解釈です。

女性が男性とデートして好意を抱き、そのあと自然とエッチするのは当人同士の「自由恋愛」ということになるのです。

大人の男女がアプリやサイトで知り合うことは違法ではありません。

アプリで出会った男性とデートに行くのも違法ではありません。

デート相手にお小遣いをもらうのも違法ではありません。

デートしていてお互いの合意のもと「恋愛関係」になるのも違法ではありません。

そして男性が恋愛関係にある女性にお小遣いをあげるのも本人の自由であり、違法ではないのです。

注意点

ただし、最初から身体の関係ありきで「大人4」などの条件で会い、それを不特定多数の人と繰り返していると売春防止法違反になる可能性があります。

しかしパパ活アプリやサイトでは「大人4」などは当たり前のように見かけます。現状では取り締まるのは難しいのが実際のようですね。

売春防止法には罰則の規定がない

実は売春防止法には罰則の規定がありません。

罰金だとか、そういう明確な罰はないです。

なので売春防止法ってとっても微妙な法律で、取締の対象にするのがなかなか難しいんですよ。

仮に売春防止法に抵触しても罰を受けるのは仲介者

売春防止法の処罰対象はあくまでも、斡旋した人や場所を提供した人です。

売春した当人同士じゃありません。

日本では売春が禁止なので、売春を繰り返しそうな女性には補導をするという決まりはあるけど、前科がつくわけじゃないんです。

パパ活女子あいり
パパ活女子あいり
これらのことからパパ活自体は違法じゃない!ってことが分かってもらえたでしょうか?

パパ活が犯罪になるのはどんなとき?

パパ活が犯罪になるのはどんなとき?
パパ活は法律的には違法ではないことは分かりましたね。

でも、場合によっては違法になる場合もあるのです。ここでは「どんなパパ活をしたら違法になるのか?」をご説明します。

パパが既婚者の場合は違法

パパ活においてパパが既婚者なのはよくあることですが、以下の2点が重なった場合は「不貞行為」となります。

・どちらかが既婚者
・性行為があった

つまり相手が既婚者であり、かつ性行為があった場合は「不貞行為」となり民法上違法となります。

刑法上の違法ではないので逮捕されたり刑事罰はありません。しかし相手の妻や夫から慰謝料を請求される可能性があります。

未成年のパパ活も違法になる場合がある

パパが未成年という事はほぼないと思いますが、もし自分が未成年の場合のパパ活も違法になります。

成人していない未成年をお金で釣って騙し性行為または誘拐したとみなされた場合、相手の大人が処罰される可能性があります。(略取、誘拐罪)

18歳未満(中学生・高校生)のパパ活は法律的にアウト

18歳未満(中学生・高校生)のパパ活は法律的にアウト
パパ活女子あいり
パパ活女子あいり
パパ活は違法じゃないんだよね?じゃぁどうして中高生のパパ活はサイポリに取り締まられるの?って思っていますよね。

実は18歳以下の中高生、または19歳以下の女性と大人が会うことは法律や条例で禁止されているんです。

18歳以下の女の子は、まだ法律では子供と定義されます。
子供はまだ判断力もないし、危ない目にもあいやすいから守ってあげなきゃいけない!ということで補導されちゃうことになります。

児童福祉法違反

簡単にいうと

子供の健全な成長を邪魔する危険から守ってあげよう!

お勉強や生活に必要な費用などは国で負担しよう!

という法律です。

18歳以下の女の子がパパ活すると、この「健全な成長を邪魔する危険」に該当しちゃうんですね。

18歳以下の子供は法律上では子供とみなされるので、相手の男性が「子供にエッチなことをした」ということで逮捕されます。

児童買春・児童ポルノに係る行為等の規制及び処罰並びに児童の保護等に関する法律

悲しいことに子供に売春をさせてお金を得る大人から子供達を守るために作られた法律です。

パパ活は自分の意思なのに!と思うかもしれませんが、18歳以下の中高生はまだ完全に大人とは法律では認められません。

つまり大人が騙してお金と引き換えにエッチをさせた、と捉えられるんです。

各都道府県の青少年健全育成条例違反

淫行って聞いたことありますか?

18歳以下の児童と性的な関係を持つことです。

恋愛関係で親の承諾がある場合を除いて、基本的に18歳以下の児童が成人と性的な関係を持つことは淫行と呼ばれます。

パパ活女子あいり
パパ活女子あいり
中高生のパパ活は青少年健全育成条例にも違反するので、パパは淫行で逮捕されちゃうんですね。

19歳未満は略取、誘拐及び人身売買の罪に問われることも!

ちなみに未成年、つまり19歳以下の場合も犯罪になることがあります。

これは男性が相手の弱みにつけ込むとか、騙してパパ活させた場合のみ。

予備知識として紹介しただけですが、一応こんな法律もあるんだな〜と思っておいてくださいね。

違法になる活動とならない活動

違法になる活動とならない活動
法律のことを色々説明しましたが「結局なにが違法でなにがOKなの?」と思っちゃいますよね。

ここでは違法になる活動とならない活動を分かりやすく表にしてみました。

 

18歳未満 20歳未満 成人
デートしてお手当てを受け取る OK
(23:00以降補導対象)
OK OK
特定のパパと大人の関係を持って手当てをもらう 違法

女性は補導

男性は逮捕

グレー

内容によっては未成年略取になることも

OK
不特定のパパと大人の関係を持ってお手当てをもらう 違法

女性は補導

男性は逮捕

グレー

内容によっては未成年略取になることも

違法

罰則はないが売春に当たる

既婚パパとデートしてお手当てをもらう OK

OK

OK

既婚パパとエッチしてお手当てをもらう 違法

女性は補導

男性は逮捕

違法

内容によっては未成年略取になることも

OK

(慰謝料請求対象になる可能性あり)

18歳未満が法律的にもOKなのは、デートのパパ活まで!
体の関係を持った時点で補導対象になり、相手の男性は最悪逮捕か罰金刑を食らっちゃうんです。

成人していれば問題なくパパ活でいますが、不特定多数のパパとエッチしてしまったりすると売春に当たります。

とはいえ罰則がないので、何があるということではないんですが…。

さらに不貞行為の場合は奥様を傷つける上、成人の場合は慰謝料請求対象。

パパ活女子あいり
パパ活女子あいり
パパ活にも法律や罰則の観点から見ると、OKラインが決まっているので頭に入れておいてくださいね!

パパ活にも法律や罰則の観点から見ると、OKラインが決まっているので頭に入れておいてくださいね!

パパ活は犯罪になるの?まとめ

パパ活は犯罪になるの?まとめ
パパ活の違法性や法律に関することをまとめてみましたが、いかがでしょうか?

パパ活は基本的には犯罪ではないですが、場合によっては違法になってしまう場合があるので注意しましょう。

・パパ活でパパを食事をしてお小遣いを貰うのは違法ではない

・身体の関係があっても不特定多数でない限り売春防止法には抵触しない

・相手が既婚者の場合は慰謝料を請求される恐れあり

・未成年のパパ活は相手が処罰される可能性がある

・18歳未満のパパ活は違法

パパ活のことをもっと詳しく知りたい方はコチラ♪
⇒パパ活LIFEトップページ

おすすめのパパ活サイトはコチラ♪
⇒本当におすすめできるパパ活アプリ&サイトランキング