パパ活コラム

パパ活コンシェルジュが語る【パパ活の心得】

パパ活=売春ではない

(大人の男性と、資金のない夢を追いかけるを女性が仲良くなることで、自然と生まれる関係性であること)

最近、パパ活を間違った方向性で考える女性が非常に多いと感じます。

特に、女性がパパに対して求める事が、「お金が全て」と確かにお金がなければ何も始まらない事も女性の立場からするとよくわかります。

しかし、「パパ活を知らない一番最初」は、インターネットなどで気軽に女性は調べてみるはずです。

「一体パパ活ってなんだろ?」「そもそもパパって私に対してどういう立ち位置?」「パパと出逢う事でのメリットってなんだろ?」「実際、本当にお金持ちなの?」など。

ただ、正直私が見る限り、インターネットで実際にパパ活を利用してる人のコメントやコラムなど見るとたまに「心が痛くなる」事があります。(特に最近増えた気がします)

それは、間違った方向性で捉えてパパ活を行なってる女性が少なからずいるからです。

そして、そういう数少ない間違ったパパ活の利用をしてる方がインターネットを通じて「パパ活は儲かる」や「寝るだけでこれだけ報酬がもらえる」など間違った情報をまた違う女性が見て「一つのビジネス」としてパパ活を悪用するなど。

私からすれば言語道断なわけです。

そもそも、パパ活は、売春ではありません。

ただ、報酬をもらうために女性がパパと寝る。

これは、ただの売春です。

絶対間違えないで欲しいと思います。

そういった行為をする女性は少々勘違いしてます。

パパになられる方々は、社会的にも恵まれ本当の紳士な方々。

もし、その気になればパパにならずとも女性を簡単に抱く事はできるわけです。

なぜ、パパ活という類で紳士な男性の方々が、女性のパパになっていただけるか?

それは、パパ活を通して、女性の「あなたの夢に共感」したり、「賛同」するから生まれる関係性なわけです。

そこを履き違えて、「私の体が目的でパパになるんでしょ?」と思われてる女性は本当に勘違いとしか言いようがありません。

パパ活=売春ではなく、パパ活=自然な関係。(本当のパパのように甘えれる関係性)

これが、パパ活の中で一番重要になるわけです。

この、関係を理解しないでパパ活を行うとパパにも迷惑がかかります。

勿論、女性側にも自分を安くしてしまったと心に傷が残るかもしれません。

両方に無利益な展開になるわけです。

なので、パパ活は、絶対にインターネットなどの誤報で間違った理解をしないで頂ければ幸いです。

初デートはなるべく低予算にするべき理由

(たくさんの大人の男性にありのままの自分をみせることで、支援者が現れる)(女性に資金援助するパパの気持ち)

パパ活の上で、最初に大事なのは当然、緊張感一杯で会うパパとの初デートです。

そこで、いきなり、高額なデートをするとどうでしょう?

パパからするとびっくりしませんか?

確かに、パパは皆さん紳士で、高額なデートでも何も言わないと思います。

しかし、そんな最初から高額なデートをする女性に、「あなたの夢を叶える手助けをしたい」と思うパパが現れるでしょうか?

これは、一般的な常識です。

社会でもそうです。

最初から、羽振りの良い所に長続きはあるでしょうか?

そもそも、女性側は、パパに自分の夢や希望の手助けをお願いする立場。

そこを、絶対忘れてはダメだと思いませんか?

そういう謙虚な姿勢は、必ずどんな方も自然と見てるものですし感じるものです。

でも、それは決して女性に損する話ではありません。

それは、必ず実る話になります。

最初は、低予算で自分の謙虚さをパパに見せる事で、「より素敵で紳士なパパ」を見つけていけることに繋がって行くと思えませんか?

目の前のすぐ壊れてしまうメッキの斧を取るか、素敵な未来を切り開いてくれる金の斧を取るかと言うシンプルな選択です。

答えは簡単だと思います。

パパも、無料じゃありません。

一所懸命血と汗と涙で作ったお金をあなたに投資するのです。

もし、謙虚なあなただったらどうでしょう?

パパは、喜んで、「君の力になりたい」と名乗り上げてくれるのではないでしょうか?

でも、謙虚じゃないあなたもパパに言い寄ったらどうでしょう?

「どうせお金だけが目的?」と思われてしまいますよね?

そうすると、資金援助するパパは、どこにあなたの愛を感じれば良いのでしょうか?

そこの思いやりもパパ活で双方のやり取りや関係で大事なわけです。

少しでも素敵で紳士なパパに出会おうと思うのであれば、やはり女性側も、「少しばかりの欲」を捨て「パパの立場」を考えてあげる努力は必要なのではないでしょうか?

私は、そう思います。

人間関係は、あくまでGIVE AND TAKEが成り立って初めて成立するものだと思います。

それも、パパ活に関しては、パパが女性に支払って行く資金はかなり高額になります。

そうなりますと、やはり、気持ちの持ちようだとは思いますが、女性側の少しばかりの、「心遣い」は、あっても良いと思います。

そんな、些細な心遣いが、パパは非常に嬉しくそして、女性を愛おしく思えてくるはずです。

そんな環境が、自然とパパは、あなたの夢や希望を「応援したい」という気持ちになり有意義な関係性が女性とパパの間で作り上げられていくのではないかと思います。

お金の話を自分からするとパパの気持ちが離れる

(本当のパパはお金を払って女性を買いたいのではなく、支援したい気持ちが動機。もし月40万円などの契約の話にどういするような男性は、外見的魅力と体が目的である可能性が高いのでオススメしないこと)

非常に大事な分岐点が、パパと2回目に会う時です。

当然、パパ活=夢の支援。

そうなると、お金が絡んでくるのは致し方ない事です。

勿論、女性がお金を貰う事は、パパからすると「夢の支援をする資金」な訳ですから自然な流れです。

ただ、これを女性から「私との契約は幾らです」と少々がっついてしまうと、せっかく支援希望者が出たにも関わらず全て台無しにしてしまう可能性が出てきます。

簡単な話が、パパの「あなたに対しての愛情が離れてしまう可能性が大」だという事です。

パパ活の上で、一番大事なのは、「パパ活=売春ではない」という事です。

なので、パパから自然に話が出るのを待つのも謙虚さがあって私は良いと感じます。

そもそも、本気でパパになりたい紳士な男性は、女性をお金で買いたいとは思わないはずです。

あくまで、「困っている女性の力になりたい」「せっかく若い女性が夢を持ってるのに、お金なんて些細な理由で潰れて行く姿を見たくない」「僕に出来る事があるなら、是非助けてあげたい」と思うはずです。

パパ側もこれが、まず最初に来る話です。

パパ活の中でこれが一番の「定」です。

なので、もし女性側から、「私と月に40万で契約しませんか?」という話を持ち出し、そこにパパが「わかりました。同意します」なんて話になれば、それは、残念な話ですが、そのパパになる方は、紳士でもなければ本当にあなたの未来を考えた、夢や希望を一緒に見てくれるパパではない可能性が高いです。

女性を、「外見や体目的」でしか判断しないパパになる可能性が非常に高いです。

なので、お勧めできません。

口を酸っぱくして言いますが、本当の紳士なパパは、あくまで、パパ活を通して、「あなたの夢や希望に賛同したい」と思ってくれるそういう方が、本当のパパ活で知り合った方が良いパパになります。

そういう方の方が、長くあなたの夢や希望を一緒になって「育ててくれる」と思います。

夢や希望というのは、すぐに叶えれるものではありません。

そうなるといかに「長く」そして、「一緒になって応援してくれる」という部分が一番重要になります。

そうなると、より一層長い付き合いになると思います。そこに、「月にいくらで契約」という話に賛同してくるパパと「長いお付き合い」ができるでしょうか?

単純に、すぐ飽きたら終わりを迎えるのは目に見えてます。

なので、しっかりパパ活する上で、間違った選択をしないように心がけすることが大事だと思います。

パパ活は女性が夢を諦めずに済む手段の一つであって、お金が目的ではない

パパ活は、お金も儲けるためのビジネスではありません。

もし、お金を儲けたいのであれば、その方はパパ活には向いてません。

理由は、パパ活というのはお金目的でやる活動ではないからです。

あくまで、パパ活というのは、夢を持ってるけど、「資金が足りない」希望があるけど、「時間がなくてその希望が薄れてしまっている」など。

そういう方に、紳士な男性が、「あなたのパパになる」と賛同してくれて、初めて成立すものです。

夢や希望のためではなく、ただ「生活が楽したい」とか「私の体は売り物になる」とか「お金持ちのおじさんと仲良くしたい」など。

ただ、「パパを利用してお金儲けを考える女性」も少なからずいるのも確かです。

そういう、少数の人のために傷ついてるパパがいるのも現実です。

もし、あなたが逆の立場ならどうでしょうか?

傷つきませんか?同じです。

人間誰でも傷つきます。

でも、女性が、純粋にパパ活を通して、夢を叶えて行くためにパパ活を通して自然と利用して行くぶんには、パパは、利用されたと思わないと思います。

それは、パパも、「あたなと同じ夢を見て一緒に叶えたい」と思ってるからです。

しかし、それが、ただお金目的の利用であれば、そこにパパは「見る夢」もなければ「叶える希望」もそこには空白でしかないわけです。

それだと、パパの立場からしても何のメリットもなければ、パパ活を通した「詐欺」と思われても仕方ないと思います。

はっきり言います。

それは、パパ活ではありません。

あくまで、女性の「夢や希望の手助けをする」ということが一番最低条件のルール的ものであるのです。

そこを、崩すともうそれはパパ活ではありません。

ただの売春にもなりえますし、人の心を踏みにじる「何でもあり」の関係になってしまいます。

ビジネスの世界で言えば、「騙し合い」になりかねません。せっかくパパ活というクリーンな活動なのだから、そこは、しっかりルール(夢や希望を叶えるためにパパに手助けをしてもらう」という定義を絶対忘れてはダメだと思います。

この定義こそが、パパ活での一番大事な要素にもなります。そして、一番の大事な根の部分でもあります。