パパ活コラム

パパ活で遭遇する危険6選!危険な目に遭った体験談と詐欺パパの特徴

稼げると人気のパパ活ですが、決して安全な活動とはいいきれません。

安全にパパ活を行っていくために、

・パパ活で巻き込まれやすい危険なこと
・実際に被害に合った人の体験談
・危険なパパの見分け方

などを知っておきましょう。

「みんなやっているし、私だって大丈夫」と安心しきってはいけませんよ!

パパ活女子あいり
パパ活女子あいり
私は現在シュガーダディを使ってパパ活しています!

身分証明が必要なこと・年収証明機能がついていることで身分と年収に嘘がつけないシステムになっていて安心です。

パパ活をするならリスクはつきもの。少しでも危険を避けて安全にパパ活しましょう。

⇒シュガーダディの公式サイトはコチラ♪

シュガーダディを使った感想&口コミはコチラ♪

パパ活で巻き込まれやすい6つの危険

パパ活は、直接的に個人と個人とで金銭が絡んでくる活動です。

例えば、キャバクラや風俗などであれば、お店が女の子を守ってくれますが、パパ活は個人での取り引きになるため誰も守ってはくれません。

つまり、トラブルにも巻き込まれやすいということ。

では、パパ活には一体どんな危険が潜んでいるのでしょうか?

危険1.月極の約束をしたのにバックレされる

月極とは「月〇円のお手当で」という契約のことで、毎月安定したお手当を受け取れるパパ活のことです。

最初から月極契約を交わして会ったのに、バックレされてしまったという被害は実際に多いもの。

月極契約だけではなく、お手当の未払い事件はパパ活でもよくある事件です。

特に初心者のパパ活女子を狙ってくるそうなので要注意。

危険2.食い逃げされる

デート当日、高級レストランに連れて行ってもらったのはいいものの、食事中に「お手洗い」だといって席を立たれたまま、パパが戻ってこなかった・・・。

なんていう、いわゆる“食い逃げ事件”もパパ活にはよくある被害です。

この場合、後払いの約束だったお手当を受け取ることができないのはもちろん、飲食代もパパ活女子が支払うしかありません。

https://twitter.com/papakatsu_sagi/status/1002391637392125952

危険3.ヤリ逃げされる

身体の関係ありで契約をして会ったのに、ホテル代すら払わずにシャワーを浴びている間に逃げられてしまった・・・。

そんな被害もパパ活にはよくあります。

この場合、お手当はもちろん受け取ることができませんし、ホテル代まで自分で負担しなければいけません。

https://twitter.com/papalovenet/status/1121301239692611584

危険4.監禁される

あまり想像できないかもしれませんが、ホテルなどで監禁されるという危険も少なからず実際に起きています。

無理やり目隠しや手錠をかけられて監禁されるなどの事件も実際にあるようです。

やっぱり女性は男性の力には敵いません。

特に2人きりになれる個室は危険なので十分に注意したいところですね。

危険5.知らない間に薬物を盛られる

ホテルに入り、パパがコーヒーを作ってくれたので飲んだら薬物が入っていた・・・という恐ろしい事件も、怖いですが実際にあります。

知らない間に犯罪者になってしまうのは絶対に避けたいものですよね。

いくら優しいパパでも、パパからもらった飲み物を口にするのは避けた方が良いかもしれません。

https://twitter.com/0bluebee/status/1091907339072892928

危険6.盗撮・盗聴される

身体の関係の有無に限らず、盗撮や盗聴の被害もパパ活にはよくあります。

今はネットなどで盗聴器や盗撮アイテムを簡単に買える時代。

盗撮や盗聴に関して一番怖いのは、“気付かない可能性もある”というところ。

気付かない間に盗撮・盗聴され、ネット上に拡散されてしまう可能性もあります。

実際に被害に合った悲惨なパパ活女子の体験談

上記では、パパ活で巻き込まれやすい6つの危険を紹介していきました。

この中で、実際に被害に合ったパパ活女子は、一体どんな体験をしてきたのでしょうか?

リアルな体験談を知って、「パパ活にはこんな危険が本当にあるんだ」と実感をしてほしいです。

ホテルに無理やり連れ込まれました(21歳/Hちゃん)

出会い系サイトで知り合った男性と、新宿で会う約束をしました。

カフェに行ってお茶をするという約束だったのですが、気付いたら歌舞伎町のホテル街に連れていかれて・・・。

「カフェじゃ話しにくいから、ゆっくりホテルで話そう」と言われました。

普通に拒否したら「仕事を抜けてまで来ているんだよ!ふざけんな!」と怒鳴られ、怖くなった私は思わずホテルに入ってしまったんです。

急に襲ってくるっていう感じではなかったのですが、少しずつ身体を触ってきて。

やっぱり怖くなったので、男性がシャワーを浴びている隙に逃げてきました。

あのまま部屋にいたらと思うと・・・とても怖いです。

自業自得かもしれないけど、パパ活にそういう危険は付き物なんだなって実感しました。

盗撮されて脅された(25歳/Yちゃん)

身体の関係込みのパパに盗撮をされて脅されたことがあります。

最初に会った日は、ただお茶をして解散と言う流れで、その日は交通費として5千円のお手当をもらって、「あぁ普通にいいパパだな」って感じで信用していたんです。

次に会うときに、ホテルに行って事を済ませた後、事件は起こりました。

シャワーを浴びて部屋に戻りお手当をもらう流れかと思ったら、パパから「お手当はない」と。

なぜか問い詰めると、「黙れ。あまりうるさくするとこれをネットに拡散するぞ」と言われて、盗撮動画を見せられました。

今思うと完全に相手が悪いけど、“パパ活をしている”という後ろめたさと、“動画が晒されたらいやだ”という思いと、“バレたくない”という思いで、怖くなってパニックになって、言う事を聞いてしまいました。

あれから5年くらい経ったけど、素直に警察に行っておけばよかったと思います。

あの動画、どうなっているんだろう・・・。怖いな。

お金を盗んでヤリ逃げしたパパ(23歳/Sちゃん)

マッチングアプリでパパに知り合ったのですが、デートで3万円、Hをして5万円ということで高待遇だったので会うことに。

会って少し良いレストランで食事をして、ここまでは会計もスマートなので完全に信用していたのですが、ホテルを出るときに「食事代とホテル代で現金がなくなっちゃったからATMに寄って良いかな?」と言われ、おとなしくついていきました。

都内のATMで少し混んでいたので、時間がかかりそうだな~とは思っていたものの、なかなかパパが戻ってこない。

銀行の中に入って探すもいなくて、そこからは音信普通です。

ここまでだったら食事も奢ってもらえたし「ヤリ捨てか」ってまだ妥協はできたけど、財布を見たら3万円盗まれていたのは腹が煮えくり返る思いでした。

ホテルでシャワーを浴びていたすきに盗まれたっぽい。

こういう話は周りでもよくあります。

怖くなって身体の関係はもう持てなくなりました。

薬を盛られていたのかも・・・(22歳/Kちゃん)

アプリ内でのメッセージもかなり丁寧で紳士的で、実際に会ってからも優しくしてくれたので、身体の関係ありで契約することになったパパ。

ホテルに着いてからもすごく優しくて、ついてすぐにご飯やワインを頼んでくれました。

最初は楽しくお話をしながらご飯を食べたりお酒を飲んだりしていたのですが、途中から記憶がなくて・・・。

部屋のコールがしつこく鳴っているのに気付いて起きたら、裸でベッドに一人で寝ていて、次の日の夕方になっていました。

ベッドや部屋は結構荒れているけど、本当に記憶がありません。

お酒でも記憶が飛んだことのない私なのに・・・。

もしかしたらトイレにいっている間にワインに薬物を盛られたのかも。

記憶がないうちに、盗撮されたかもしれないし、避妊してくれたかもわからないし・・・いろいろ考えるだけで怖いです。

延長が長かったので4、5万円くらいになったホテル代を払って、泣きながら帰りました。

もし薬物を盛られていたら・・・って考えると誰にも相談できずにいます。

こんなパパには気を付けて!危険なパパの特徴12個

被害やトラブルに巻き込まれないように注意しよう!と思っても、なかなかこういった事件は未然には防げないもの。

それもそのはず、「優しそうなパパだったのに・・・」という声が実際に多いです。

でも、危険なパパには意外と分かりやすい特徴があります。

下記に“危険なパパの特徴”をまとめていくので、パパに会う前に下記の特徴に当てはまらないかしっかりチェックしましょう。

特徴①相手を選ばずどんな女の子でも良い

未払いやヤリ逃げの常習犯は、“相手を選ばない”という特徴があります。

一方で、良いパパや本気でパパ活をしたいパパは、相手を慎重に厳選します。

よくよく考えれば当たり前のことですよね。

お金を払う女性には、それなりの容姿や性格を求めるでしょう。

特に容姿や年齢は気にしないような相手には注意しましょう。

この特徴に当てはまっていてなおかつ好条件を提示してくる場合は、ほとんど詐欺パパだと考えて良いです。

特徴②車に乗せようとしたり、個室を使いたがったりする

会ってすぐに車に乗せようとしたり、必要以上に個室を使いたがったりするパパにも要注意。

無理やり襲ってきたり、ヤリ逃げ目的だったり、危険なパパの特徴になります。

初回はお茶のみで会えるか相談をして、それを受け入れてくれないパパの場合は怪しいので注意しましょう。

特徴③言葉遣いがおかしい

“言葉は立ち居を表す”という言葉がある通り、社会的地位のある本物のパパは、言葉遣いも美しく紳士です。

一方で危険なパパは、誤字脱字があったり、敬語の使い方がおかしかったりするので、メールのやり取りなどにも注目してみましょう。

特徴④年収や高価な所有物を自慢してくる

聞いてもいないのに、経歴や年収、高価な所有物(車や時計)、有名な知り合いがいるなど、自慢をしてくるようなパパには要注意。

本物のパパであれば、心に余裕があるのでそういった自慢は一切しません。

特徴⑤ファミレスや喫茶店で会おうとする

ファミレスや喫茶店など、誰でも足を運べるようなところへ連れて行くパパはあまりおすすめできません。

富裕層の人であれば、それなりのレストランやホテル内のラウンジなどを使用します。

待ち合わせ場所を聞いたときに、ファミレスや喫茶店などを提示されたら、少し怪しいと思った方がいいかもしれません。

特徴⑥やたらと上から目線

顔合わせ前のメッセージなどのやり取りでも、「少し上から目線だな・・・」と感じるパパには注意した方が良いです。

本物のパパは、女性に対して敬意があるので上から目線で接することはありません。

特徴⑦プロフィール写真がしょぼい

言い方はひどいかもしれませんが、プロフィール写真から危険なパパを見分けることができます。

・背後の家があきらかにしょぼい
・服装がしょぼい
・清潔感がない

以上が当てはまるパパには注意しましょう。

会う前にプロフィール写真もしっかり確認しておきたいものです。

特徴⑧条件の提示が全くない

あまりに高額のお手当を提示されるのも怪しいですが、反対に全く条件提示をしないパパにも注意しましょう。

そもそも最初からお手当を渡すつもりがない可能性が考えられます。

お手当の金額などは会う前に提示してくれる人が理想です。

特徴⑨会う前から都度10以上のお手当を提示してくる

まだ会っていないのに、あまりにも高い金額を提示してくるパパは怪しいです。

高額のお手当をエサに女性を釣ろうとしています。

本物のパパの場合、会ってから「この子にはいくら払いたい」と決める傾向があります。

特徴⑩口座番号を聞いてくる

「お手当はあとから振り込みをするから」と言って口座番号を聞こうとしてくるパパは100%危険です。

ほとんどの確立で振り込まれることはありません。

本物のパパであれば、その日のうちに現金で必ずお手当を支給してくれます。

特徴⑪住所や電話番号などの個人情報を聞いてくる

普通の人でも初対面でこんな個人情報を聞いてきたら怪しいですよね。

電話番号に関しては、「連絡を取りたいから」という理由で聞かれた場合ついつい教えてしまいがちですが、個人情報は何に使われるかわかりません。

今はLINEでも電話ができる時代ですし、せめてLINEを教えるくらいにしておきましょう。

LINEでしたらブロック機能もあるので安心です。

特徴⑫お手当の金額をハッキリ言わない

「お金にがめつい女性はイヤだ」という男性は多いですが、そういう方でも「3~5万くらいで考えています」など、大体の金額は提示をしてくれます。

「お手当は会ってから」と言う人は地雷パパである可能性が高いので注意しましょう。

「大体の金額で良いので教えてもらえませんか?」と聞いても金額を教えてくれない人には特に注意です。

美味しい言葉に惑わされないように注意しましょう。

パパ活で絶対におすすめできない行動3つ

パパ活で危険な目に合わないためには、パパとの出会い方が重要なポイントとなります。

その中でもおすすめできないのは、以下の〇つの行動です。

①パパ活募集の掲示板でパパを探す

ネット上には、パパ活募集の掲示板がいくつかあります。

掲示板は基本的に無料で利用できるもの。

プロフィールを確認することもできないし、年齢確認や本人確認などももちろんなく、誰でも簡単に書き込むことができます。

特に顔写真すらわからないのに会うのは危険です。

流行ってはいますが、掲示板は特に危険なので使わないようにしましょう。

②出会い系サイトを使ってパパを探す

出会い系サイトや出会い系アプリを使ってパパを探している人も多くいますが、実はあまりおすすめできない方法です。

「昔からある出会い系サイトなら安心!」と思いがちですが、出会い系サイトには業者やサクラがたくさんいるので、なかなか良いパパとは出会うことができません。

出会い系サイトを使うくらいなら、パパ活専門のアプリを使いましょう。

パパ活専門アプリは、男性側は月額を払って利用するタイプのもので、そもそもお金に余裕がある富裕層の男性と出会うことができます。

また、パパ活アプリはパパ活を専門としたアプリなので、お互いの需要供給が一致しており、やり取りもスムーズです。

③SNSや紹介でパパを探す

TwitterやInstagramのSNSを使ってパパを探す方法もあまりおすすめできません。

掲示板と同様、SNSは無料で利用できるし、どんな人が利用しているかもわからないからです。

嘘をつかれている可能性もありますし、民度がかなり低いので注意しましょう。

また、最近多く聞く話ですが、“紹介”という形でパパを探すのもあまりおすすめできません。

信用性のない人からパパを紹介されても危険なだけです。

パパ活女子あいり
パパ活女子あいり
私は現在シュガーダディを使ってパパ活しています!

身分証明が必要なこと・年収証明機能がついていることで身分と年収に嘘がつけないシステムになっていて安心です。

⇒シュガーダディの公式サイトはコチラ♪

シュガーダディを使った感想&口コミはコチラ♪

場所にも気を付けて!パパ活で行ってはいけない危険な場所

上記でも少し話しましたが、どんなに優しそうなパパでも、基本的に密室でふたりきりになるのは危険です。

冷静に考えてみると、知らないおじさんと至近距離で密室にいるという状況が、危険だということは十分わかりますよね?

肉体的に危険だというのはもちろんのこと、最近ではトイレに行っている間にお金を盗まれたり、鞄から勝手に免許証や学生証などをとられて個人情報を知られて脅されたり・・・

そういった怖い事件やトラブルもあるようです。

・ホテル
・カラオケ
・車内
・漫画喫茶

など、誘われるケースが多いかと思いますが、こういった密室空間には絶対に入らないようにしてください。

まとめ

今回は、パパ活で巻き込まれやすい危険6選と、危険なパパの見分け方を紹介していきました。

何度も言いますが、パパ活は決して安全にお金が稼げる活動ではありません。

個人と個人との金銭のやり取りになるからこそ、守ってくれる人もいないし、トラブルに巻き込まれてしまうケースはたくさんあります。

ぜひ今回紹介した情報を参考にして、安全なパパ活を行ってくださいね。

パパ活のことをもっと詳しく知りたい方はコチラ♪
⇒パパ活LIFEトップページ

おすすめのパパ活サイトはコチラ♪
⇒本当におすすめできるパパ活アプリ&サイトランキング